まだ切り替えていない人におすすめ!光コラボがとってもいいよ

去年の2月くらいから始まった光コラボレーションはご存知でしょうか?

今まで光回線は基本フレッツ光などの回線事業者とネットを接続するプロバイダーの2社と契約する必要がありました。それが、プロバイダーで一括で管理できるようになったのが光コラボレーションです。一括管理することで料金プランがシンプルで比較が容易になったり、プロバイダー独自のサービスが受けられるようになりました。

すでにフレッツ光を利用している人は特別な工事などは一切必要ありません。自分に合ったプロバイダーに申し込むだけで切り替えが完了します。まだネットを引いていない人は従来通りの工事が必要です。

現在光コラボレーションが始まって約1年ですが、この1年で各社さまざまな強みを打ち出してきています。ある会社はサポートを削減する代わりに月々の料金が割安になっていたり、またある会社はサポートや系列会社の格安SIMサービスとのセット割などもあります。どれが良いかは自分がどのように使うかがカギとなります。

ただ、光コラボレーションも良いことだけではなく、注意しなければいけないこともあります。それは電話番号を持っての乗り換えです。自宅で固定電話を使っている人は最初に申し込んだ光コラボレーションから別の光コラボレーションに切り替えるとNTT上で一旦解約という扱いとなり、使っている電話番号が消滅して新たに取得しなければいけません。長年使ってきた電話番号を変えるのはかなり面倒なことだと思います。最初に選んだ光コラボレーションを使い続ければ問題ありませんが、再度乗り換えをする際はじっくり検討しましょう。

ここまで光コラボレーションについて書きましたが、まだまだチンプンカンプンと言う方もいらっしゃると思います。そこでおすすめなのが一括比較サイトです。自分に合ったサービスが見つけられるので安心です。詳しくは光コラボレーション比較サイトをごらんください。

フレッツ光は対応しているプロバイダが多い

フレッツ光はNTTが提供している光ブロードバンドサービスです。NTTは回線業者であるため、インターネットを利用するにはプロバイダ会社と契約を行う必要があります。

フレッツ光に対応しているプロバイダは数多くあり、それぞれの会社が様々な特典やオプションなどを用意しています。例えば申し込みから数ヶ月ほどは無料で利用できるなどといったものです。月額利用料もプロバイダによって数百円単位で変わってくることもあります。

申し込みには様々な方法がありますが、中でもプロバイダパックというのがオススメです。フレッツ光とプロバイダをセットで申し込みできるので手続きが簡単なのです。さらに別々で申し込むよりも料金がお得な場合があるので、プロバイダパックはいいこと尽くめと言えます。

フレッツ光に対応した全てのプロバイダでプロバイダパックを使えるわけではありません。ですがプロバイダパック以外にもプロバイダによってはお得に使えるプランが存在していることもあるので、申し込み前にどういったプランがあるかを確認するのが良いでしょう。

戸建やマンションなどによっても利用できるプランに違いがあるため、自分の生活環境を鑑みて選ぶのが良いと思われます。

プランによっては基本月額料金が千円以下に納まる場合もあるのです。フレッツ光自体にもオプションサーボスが豊富なため、電話料金とネット料金を一緒に出来たりと、利用料を安く出来るお得なサービスが満載なのです。

ゲームはサクサク動く方が楽しいに決まっている

高いマシンパワーが要求されるネットゲームは、往々にして快適な通信環境が求められます。それを理解しているにもかかわらず、私は節約のために安くて遅いことで有名なプロバイダーと契約を交わしていました。

当然のことながら複数のユーザーが入り乱れて行動する場面では画面が固まってしまうことが多くあり、私のせいでゲームの進行が滞ってしまったことは数えきれないほどあります。

しかしながら、家計の苦しさを理由に通信環境の改善には消極的でした。ところが、ついにネットゲームを通じて仲良くなった友人からプロバイダーの契約を見直さないと絶縁すると宣言されてしまったので、反省してauひかりとの契約に踏み切ることになります。

当初は不本意ながらプロバイダーを変えたのですが、今にして思えばもっと早く決断を下しておくのが正解だったと断言できます。auひかりのサービスを利用することができるようになってから初めてネットゲームにログインしてみると、ログアウトするまで一度も画面が固まることはありませんでした。それどころか、サクサク動くのでプレイ時間を短縮させることができて結果として電気料金の節約につながりました。

この結果に驚きを隠せなかった私は、現在進行形で遅い通信環境に苦しめられている仲間の意識改革に努めています。最終的な出費は変わらないから、快適な通信環境を得るために勇気を出すべきであるということです。結果は芳しくありませんが、私が感じた喜びを広めていきたいです。

フレッツ光コラボで乗り換え

私は以前からNTT東日本のフレッツ光を使っていました。もう4年くらいですかね。
プロバイダーはOCNでした。マンションタイプでプロバイダー料込みで、税込約4500円。
まあこんなものかなぁと特に気にもとめていませんでしたが、ある日OCNから営業の電話が。

それによると、光コラボレーション、略して光コラボなるものが登場したそうで、今の回線はそのままで、月額料金を安くできますよ~と。
営業電話って、なんだか身構えてしまうので、無愛想な感じで興味ないでーす、とその場は電話を切ったのですが、
内心、「回線そのままで安くなる!?まさかぁ!」と興味深々でしたので、実際ネットで調べてみました。
結果、本当に特別な工事いらずで、回線そのまま、月額料金が500円ほど安くなるみたいでした。

さらに光コラボについても調べてみると、NTT東西がフレッツ光の回線をさまざまな企業に卸す新ビジネスモデルということで、
ユーザーはフレッツ光回線はそのままで、簡単に契約変更ができるようでした。
そして現状のOCNの光コラボにのみにしか契約変更できないと思い込んでいましたが、実は他の企業にも乗り換えができるんです!

それを知った私は、自分にあった事業者を探す旅に出ました。ネットでですが 笑
結果僕がたどり着いた結論は、So-netの光コラボ!auスマフォを使っているとかなりの額の割引があるんです。

月額料金は乗り換え前より合計約1400円は安くなりましたね。
僕の場合はOCNの光コラボにそのまま移るよりも断然安かったです。営業電話で即決しないで良かった 笑

もしあなたが、フレッツ光を使っているなら、フレッツ光コラボでさらに料金が安くなるかもしれません。調べてみる価値はありますよ!

フレッツ光ではじめる節約できて快適な動画生活

スマホが普及してきてどこでもネットに接続することが可能な時代になりました。
昔のように家にインターネット回線を引いてパソコンを使用するということも大分減ってきて、節約のために自宅のネット回線を解約しようかな感じている人も多いかもしれません。

でも少し考えてみてください。
意外と自宅にネット回線、しかも高速なフレッツ光などの高速回線を引いておくと意外と快適な生活ができて、そのおかげで結果的に節約につながったりするのです。
自宅に高速回線を引いておくと、今では様々な方法でテレビでネット配信動画を楽しむことができるのです。
定額1000円で動画が見放題といったようなサービスが沢山あります。
正直、これらのサービスを利用していると休日は自宅でも十分に楽しむことができます。
交通費をかけてわざわざ映画を見に行ったりすることがなくなります。
フレッツ光と、親和性の高いプロバイダ、例えばOCNなどをセットで利用すると月々5000円弱必要となります。

ただ、家族4人で映画を一度見に行くだけでこの位のお金はかかってしまうでしょう。
自由に見られる動画があると、レンタルショップに行くことも減ります。
結果的には節約につながるのです。

自宅に高速回線を引くメリットは節約だけではありません。
いつでも、外が台風だとしても好きな映画を自宅にいながらにしてレンタルすることができるのです。
何度お店に行っても観たい映画は借りられているといった不毛な行動をしなくてもよくなるのです。
この時間を自由に使えるメリットは忙しい現代人にはかけがえのないものでしょう。

快適な生活と節約のためにも自宅には光回線を引いておくのが得策でしょう。

高速光回線で得をしよう

多くの人が自宅でインターネットを楽しむようになってから20年位になります。

初めは電話のアナログ回線を利用し、次にNTTのデジタル電話回線ISDN、そしてADSLがスタートして定額制の時代に移りました。

その後、すぐにフレッツ光を中心とした高速光回線が普及してきて、今は自宅にインターネット用の回線をひくとなると、殆どの人が光回線を検討するでしょう。

さて、ネット用に家に光回線を用意するのは便利だけど、それほどお金に余裕がないと言うような人がいます。もったいないということです。
確かに、ネットに接続するだけであればスマホで十分ですからね。

ただ、実際には光回線を引くと、色々な物が節約できたりして結果的に節約に繋がるというケースがあります。
例えば定額音楽配信サービスの利用により、CDを購入したり、レンタルしていた費用が節約されます。
定額の音楽配信サービスは月に1000円程度です。
もし、家族の中で月に1枚でもCDを買う人がいるとすればこれだけで1000円節約されます。

次に動画配信サービスの利用により、映画を見にいったり、DVDをレンタルする費用が節約されます。
夫婦2人で映画を見に行くと、交通費など含め5000円くらいは必要となりますが、動画配信サービスは1000円程度です。これだけで4000円節約されます。

動画配信サービスも、定額音楽配信サービスも光回線などの高速回線でこそスムーズに利用できるサービスです。

このように、フレッツ光などを引くとコストがかかると思いがちですが、利用の仕方によっては逆に節約につながるのです。